簡単な使い分け|ビジネス英語の魅力|効果的な勉強方法を確認しよう
スーツの人

ビジネス英語の魅力|効果的な勉強方法を確認しよう

簡単な使い分け

教師

ビジネス英語を勉強する時には多くの人が、日常会話との使い分けに手こずるかもしれません。日本語の敬語は「です、ます」が基本となっていますが、ビジネス英語は日常会話で使用できる単語や表現があるので、使い分けの方法を知っておく必要があります。ネットで使い分けなどを調べてみると表現などを簡単に確認することができます。しかし、間違った情報を掲載しているサイトもあるので、すべてが正しいとは限りません。ビジネス英語と日常会話の使い分けを理解するには、専門の講師から習う必要があります。参考書を使用して勉強するビジネスマンも多くいますが、ビジネス英語は使えないと意味がないので話すことがとても重要です。

ほとんどの日本人が知っている英単語の中にWhatがあります。Whatは日本語で「なに」という意味ですが、英語では日常会話の場面で「なに?」と聞き返す意味として使うことができます。しかしビジネス英語でWhatで訪ねてしまうと、上から目線になってしまうのでNG表現になってしまいます。このように日本語では敬語でもビジネス英語では全く違う言い方になってしまうので注意が必要です。最近ではビジネス英語を必要としている人のためにセミナーを開催している英会話教室があるので、参加してみると多くの情報を集めることができるかもしれません。実際に授業を行っている場所もあるので、仕事でビジネス英語が必要な人は通ってみると良いかもしれません。